黒酵母エキスが配合されている美容液の保湿力が話題に



黒酵母(βグルカン)は、約40年前、サトウキビの原糖から株菌が発見され、その後、様々な研究がなされてきましたが、その結果、体内に侵入した細菌や異物を排除したり、免疫力を高める効果があるということが明らかになりました。

そして、最近では、この黒酵母エキス(表示名:アウレオバシジウムプルランス培養液)が、優れた保水力、毛穴の減少、シミやシワの減少、皮膚炎の改善、紫外線の予防、傷の修復など、さまざまな効果が期待できると学会でも報告されています。

また、黒酵母には、水分を保持しているコラーゲンや、お肌に柔軟性を与えているエラスチンの硬化を防ぐ作用があるので、肌の弾力を保ち、肌のハリを取り戻す効果も期待できます。

他にも、お肌のターンオーバーを促進するような研究報告もされていて、アンチエイジング効果も期待されている成分です。





ワンダージュレ


女弁護士